REGAOの流儀

成果のために、
ゼロベースで挑戦する。店長岩崎 紀洋

結果を出し続ける使命。

REGAOの直営店は全てにおいてモデル店舗となることが求められている。
直営店店長の中で、結果を出し続けている岩崎には、大切にしていることがある。
「全ての事に新しい見方・考え方で解決できないか考えるようにしています。これが“ゼロベース”。今までと同じことをやっても変わらないのです」。岩崎の言葉は、どこまでもまっすぐだ。
変化を起こすためには自ら動き、現場では頭ごなしに指摘するのではなく良いところから話すことでスタッフが聞く耳をもつ。そこから課題を修正していくのだ。
プレッシャーは常にあるが、成果ために挑戦できる環境は整っている。

結果を出し続ける使命。

伸びているものを伸ばす。

コロナ禍でも店舗の売上を伸ばし、前年比でプラス成長させたのは岩崎だ。そのために何をしたのか、岩崎に問うた。
「牛角中央通り店で店長をしていたとき、夜の営業時間が短縮となったので、ランチ営業できないかと考えすぐ三輪さんに相談しました。三輪さんからは”人員が組めないがやってみるか?”と言われました」。
学生のアルバイトは昼間学校があり、ランチ営業に組み込むことはできない。
そんなとき三輪をはじめ社員が駆けつけてくれた。行動が伴うと人は共感する、チームがひとつになる。徹底した現場主義の岩崎はこう続ける。
「常に現場を見ていると気づくことがあります。どんな小さなことでも知っておくことで、解決も決断も早くなります。問題から目をそらさず、自ら行動で示すことが大切です。藤居からは”絶対に必要な癖つけは、その場で解決”と言われています」。
ここにREGAOの流儀がある。”実行できなければ無意味”
限界を超えると人は一段大きくなる。

伸びているものを伸ばす。

変わるのではなく
やり方を変える。
きっかけは研修。

岩崎自身の課題とその解決法を尋ねた。
「三輪からはよく”話が長い”と言われ、藤居からは”うまく説明できないのは、よくわかっていないからだ。問題を数値化・単純化しろ”とアドバイスされました」。
誰にでも相談でき、各店長の課題を解決するきっかけをREGAOは研修という方法で提供している。
「研修によって、考え方と決断の精度が高まるのを実感しています。判断の引き出しが増えることは、店舗運営に大いに役立っています。伝えることが仕事なので、自分の頭でまとめてから話すようになりました」。自ら気づき、方法を変えた岩崎の言葉には説得力があり、クリアだ。
最後に、REGAOの報酬と求められる人物像を聞いてみた。
「インセンティブの評価には、前期の評価と今期の課題を明確に提示されるため、やるべきことがわかりやすいです。仕事は、飲食店の経験者でなくても問題ありません。姿勢・意欲が重要です」。
自発的に学び、行動を続けていく者にはチャンスの場がある。意欲があれば常に上を目指していける環境がREGAOには整っている。

変わるのではなくやり方を変える。きっかけは研修。
店長加藤 忠文

お客さま満足度を
向上させ圧倒的な
成果を追求する。

店長加藤 忠文

OUR
BRANDS

会社の成長は、
店舗とともに