INTERVIEW

取締役副社長相原 広通

挑戦できる環境を
用意する。取締役副社長相原 広通

あえて会社の成長を止めて
社員の成長を促す
「圧倒的な学び」。

監査役という立場からREGAOに関わりを持ち、その後副社長に就任した相原には会社を成長させるという課題があった。しかしある問題が表面化した。
「会社の成長スピードを上げると、社員の成長が追いつかなくなる」。相原は真剣な表情で語った。
この問題に対し、2017年より独自の研修制度を行うことに決めた。
階段の踊り場で一旦呼吸を整えるように、あえて会社の成長を止めて社員の成長に取り組んだ。ここから独自の研修への模索が始まった。
「過去にも異業種合同の研修はありましたが、REGAO独自の研修を開発する必要がありました。テーマは常に手探りで様々な研修を行っていきました」。
相原はまず、損益計算書や食品衛生のテストから研修を始めた。さらに、段階的に「ベーシック」「アドバンス」「右腕」と名付けた三段階の研修制度で各メンバーの成長を促していく。”こんなこと知らなかった。面白い!深堀りしたい!”などの気づきや興味のきっかけとなるよう研修を重ねた。
「この制度も常に変化していきます。正解はありません」と相原は語る。

あえて会社の成長を止めて社員の成長を促す「圧倒的な学び」。

”もっと○○な人”。
キャリア・年齢不問、
求めるのは意欲と姿勢。

「例えばアルバイトから店長に昇格し今活躍しているメンバーも多くいます。REGAOは全ての人にチャンスのある企業だと思います」。
学歴や資格などの採用基準はない。基準があるとすれば”もっと○○な人”。
もっと稼ぎたい、もっと人生を変えたいなど”きっかけ”を求めている人に挑戦できる環境を用意するという。
採用に際して重視していることは?と聞くと
「中途については社歴も確認しますが、飲食店をユーザーと知っている人なら弊社の仕事内容は理解していると思います。職種についても、店長とスーパーバイザーの仕事の根本は同じです。会社の理念に基づく行動指針を実践する、とは言いますが全てができている人はいないでしょう。私も日々自問し続けています」と答えた。
会社の理念を共有し、自ら行動し続ける姿勢、逃げない姿勢が求められるのがREGAOなのだ。

”もっと○○な人”。キャリア・年齢不問、求めるのは意欲と姿勢。

会議なし、稟議書なし。
昇格も即日決定。

相原は、REGAOの合理的な社風についても言及した。
「少数精鋭で風通しの良い社風のために何でも相談できる体制を常に用意しています。決裁のスピードを遅くする稟議書は存在しません。会社の行動指針に照らして自分で判断し、実行します。お客さまを満足させる、加盟店さまの課題を即日解決するためには事後報告でも構いません。メンバーに与えられた権限です」。
昇格は期末に会議を行って決まるのはなく、即日決定となる。
「無駄な会議は行いません。社員が成長していると判断すれば即昇格します。ただし、その逆も然りです。しかし降格となったとしても、努力すれば昇格のチャンスがすぐにあります」。結果を出すための積極的な姿勢が必要なのだと相原は言う。

会議なし、稟議書なし。昇格も即日決定。

性格を変えるのではなく、
「行動」を変える。

成長する人としない人の違いは行動にある、と相原は日々の仕事から実感している。
「良い評価の人は良い性格でしょうか?性格というのは、すべて本人の行動の結果だと思います。行動が評価を生み、性格が形成されていく。悩んでいないで、自ら行動してみる。これがセルフスターターです。誰かに指示されて動いた方が楽ですが、命じたことしかできなくなってしまいますから」。
物事の本質は指示通りに実行することではなく、高いゴールに到着すること。
誰よりも早く行動し、誰よりも早くミスに気づき、誰よりも早く修正すること。
これが前進するREGAOの流儀。
「変化のきっかけを求める人と共に歩んで行きたい」。相原は微笑んで語った。

性格を変えるのではなく、「行動」を変える。
喫煙者の採用について

喫煙者の
採用に
ついて